私立高校の情報が満載!

北海道私立高校 進学GUIDE

トップ > 私立進学とお金 > 私立進学とお金

私立に通うと、いくらかかる?

そして教育費捻出の方法は?

1-月2.3万円、年49万円
  道内私立高校の入学料や授業料などの平均額から生徒一人あたりの納付金を割り出した資料があります(下表)。
2017年度では、高校1年目の毎月納付金は約3万3千円、入学金や施設設備費などを含む1年目の年間納付金は約61万円です。
 ただし、この数字には「高等学校就学支援金制度」による支援金が勘定に入っていません。したがって、毎月納付金から9千900円、年間納付金から9千900円×12ヵ月を引いた額が実際の負担額となります。
(いずれも対象世帯、標準支給額の場合)。
 就学支援金を算入すると、2017年度では高校1年目の毎月負担額が約2万3千円、年間負担額が約49万円となります。ただし、この数字は、あくまでも平均値。3年間の学費支払いシミュレーションをするには個々の学校の入学金や授業料 、その他の諸費を学年ごとに知る必要があります。気になる学校があったら、詳しい資料を請求しましょう。
 

 
2-7割が教育費捻出に努力
  では、どうやって教育費を捻出しているのでしょうか。
 下のグラフでは、高校生以上の子を持つ全国の保護者を対象に調査した結果です(通う学校は公立と私立、両方が含まれる)。
 これによると、7割の世帯が学費の支払いのために何らかの対応をしていることが分かります。捻出方法として「節約」「預貯金や保険の取り崩し」「奨学金受給」「本人のアルバイト」を挙げる人が多く見られます。「奨学金受給」と「本人のアルバイト」は、おもに大学生を持つ保護者の捻出方法と見てよいでしょう。ちなみに節約している支出のうち上位3項目は「旅行・レジャー費」「外食費」「衣類の購入費」です。
 

 
3-家計の見直しで
  そのほかに教育費の捻出方法として考えられるのが、住宅ローンと生命保険の見直しです。毎月の固定費として家計に占める割合が大きいので、見直しによる効果も期待できます。
住宅ローンをはじめとするローンは、金利の低いものへ借り換えます。生命保険は、不必要な保障内容や大きすぎる保障額がないかどうかを検討しましょう。保障プランを変更したり、新たに入り直したりすることで、保険料のムダを省くことができます。
 
4-特待生をめざす
  私立高校進学を希望する子どもにも、学費負担を軽くするためにできることがあります。それは勉強や部活動での努力。多くの私立高校は、学業やスポーツなどで高い成績を収めた生徒には学費を減免する特待生制度を設けています。努力が大きく報われるのも私立高校の特長のひとつです。